MENU

《おなか弱い人必見!》おなかの調子を整えるにはキャベツのスープが最強だった

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

・『お互いさま』って思えれば人生もっと楽しくなると思わないか?

・《おなか弱い人必見》おなかの調子を整えるにはキャベツのスープが最強だった!

f:id:mmaik1410:20180519111528p:plain

どーも!おなかが弱いまーちん(@mmai_k1901)です!

 

ストレスでおなかが痛くなる人の改善方法っていろいろ調べても結局は

 

「ストレスを溜めない」

「自分のストレス発散方法を見つける」

 

とかばっかりですよね。

 

じゃあそれができない人はどうすればいいんですか?

 

って思ってましたwいろいろ試した結果、『キャベツのスープ』が一番効果を実感できたので紹介します!

 

ぜひ今日からやってみてください!

IBSって知ってる?

おなかが弱くて悩んでいる方は一度は聴いたことがあるのではないでしょうか?

IBS(過敏性腸症候群)は、ストレスなどが原因で下痢や便秘を慢性的に繰り返す疾患です。ちなみにわたしは中学生の頃IBSと診断されました。

キャベツは『低FODMAP食品』である!

IBSの人が症状を改善するための方法として『食事を見直す』方法があります。それで今注目されているのが『低FODMAP』です。FODMAPとは、

発酵性のある4種類の糖質のアルファベット表記の頭文字に「AND」を加えた言葉でFha「発酵性の」、Oは「オリゴ糖」、Dは「二糖類」、Mは「単糖類」、Pは「ポリオール」です。これらの糖質を多く含む食品(高FODMAP食品)をとると(中略)結果的におなかの張りや腹痛、下痢、便秘を引き起こし、過敏性腸症候群を悪化させます。

自分で治す過敏性腸症候群の本 (TJMOOK)より引用)

 

キャベツがいいのは「低FODMAP食品」であることに加えて、ビタミンUという成分が含まれています。ビタミンUは、

・胃酸を抑える

・胃粘膜の修復

・胃潰瘍の予防

などの効果をもっています

キャベツのスープのつくりかた

 

これがわたしは一番ヒットしました!

とにかくお腹の動きが活発になるのがよくわかります!

 

生で食べるのもいいようですが、生だと食べるの大変ですよね。キャベツってかさばるしwだからスープにして食べることをおススメします!

 

おなかに優しいキャベツのスープ

 

《材料(1人前)》

 

キャベツ1/4

コンソメ1個

ハーフベーコン3枚

コショウ少々

水250ml

バター10g

 

《作り方》

 

①キャベツ1/4をさらに4等分にカットして鍋に入れる。ベーコンもいい感じに切って入れる

②そこに水とコンソメとバターを入れる

③火にかけ、沸騰したら弱火にして10分ほど煮る

④器に盛り、コショウをふる

 

完成~♪

 

めちゃめちゃ簡単ですよね!

簡単なのに、おなかにいい!

 

これはマジでおススメです!

ポイントは、

 

「キャベツをケチらない!」

 

ことです!

 

ちょっと多いかな?ってくらいで大丈夫。

火が通るとボリュームダウンするので!

 

スポンサーリンク
 

そのほか試した方法

 

キャベツスープ以外にわたしがやってみた方法を紹介します!

  

 

・乳酸菌のサプリ

粉末を水にといて飲むタイプのサプリでしたが、マズくて続きませんでしたw

 

・腸にいい体操

テレビで紹介される腸にいい体操はいろいろやりましたが、いまいち実感がありませんでした・・・

 

・腹式呼吸

これもいい。おなかが動く、腸が動く感じがします。

腹式呼吸というと難しいので、あおむけに寝て深呼吸するだけでも十分です!

 

・おなかのマッサージ

 

よく聞く「の」の字マッサージ!

わたしは昔からグリグリおなかをかきまわすようにマッサージする癖があったのですが、これはIBSの人にはよくないみたいですw

 

やるときは、さするくらいで!

 『キャベツのスープ』で快腸に!

 

いろいろ試した結果、「キャベツのスープ」が最強でした!

 

まだやっってない人、絶対やった方がいい。

スープは簡単に作れるのでぜひ今日からやってみてください!