MENU

今もっているモノと向き合うとスッキリした暮らしが手に入る!

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

・『お互いさま』って思えれば人生もっと楽しくなると思わないか?

・《おなか弱い人必見》おなかの調子を整えるにはキャベツのスープが最強だった!

こんにちは!転つまブロガーまーちんです! 

 

「もっとスッキリした部屋で暮らしたい」

と思ってこの本を買ったら、大量の断捨離に成功しました!今もっているモノに向き合うと、スッキリした暮らしが実現できます。

『ぼくたちに、もうモノは必要ない』

 

 わたしはこれまで夫の転勤で3回引っ越しをしました。その度にいらないものは捨ててきたつもりでしたが、なんか物が多くてスッキリしませんでした。

 

 この本でまずビビッときたのが「捨てられないという思い込みを捨てる」でした。  

 

「これはあの人にもらったものだから」「これはあの時買ってきたお土産だから」  と思って捨てられないものが結構ありました。

 

だから捨てたらどうなるかな~と想像してみました。  捨てても全く問題ないじゃないか。  捨てた後のことを想像してみるのはいい方法だと思います。本にもありますが、想像できなかったら「試しに捨ててみる」といいです。だいぶ物は捨てましたが今は「試しに捨ててみる」生活を継続中です 。

 

わたしがもう一つピン!ときたのが「ぼくは、ぐるぐるしている重いパソコン」という一文。わかりやすい表現だ。人間も同じですよね。  

 

実際、手にいっぱい荷物かかえてたら身動き取れません。手にもってないだけで、部屋に物がたくさんあるってことは知らず知らずのうちに身動き取れなくなっているんだと思います。

 

スポンサーリンク
 

わたしが捨てたもの

 

実際にわたしが捨てたものはコチラ!

・一年以上着ていない服

・あまり出番のない食器

・台所で幅をとっていた食器棚

・布団カバー(使ってなくて段ボールにしまってたやつ。洗い替えにと思ったけど結局しまってから一度も出してなかった)

・毛玉多めの靴下

・プラスチックの収納ケース

・スプーンとフォーク(各2つずつあれば十分でした)

・針がねハンガー(安いけど使いづらい)

・5枚もあった旦那のYシャツ(かつて就活の時にそろえたもの)

・ハワイでかったココナツの小物入れ(思い出を処分しました。いままでありがとう!)

 今もっているモノに向き合う

  この断捨離をきっかけに、2年ほど前に買っていた近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」という本を引っ張り出して読んでみました。

 

  前にも片づけの本買ってるじゃないか、自分w

 

  その当時は書いてることを実践したつもりでしたが、もう一度読んでみたら「書いてある通りにやってなかったんだなあ」ってことが結構ありました。

 

  これは徹底的に忠実に、この本に書いてあることを実践しなければダメだ!  と思い、一つずつ実践しているところです。  

 

本て、買ったら満足しちゃうところありません?読んでなくても買っただけで、自分がレベルアップした気になっちゃうんですよね。

 

 一回読んだ本、使っているモノ使っていないモノ、今もっているモノにもう一度向き合ってみましょう。

 

向き合ってみたら、本当に必要なモノが見えてきます。