MENU

まーちんて誰?

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

・『お互いさま』って思えれば人生もっと楽しくなると思わないか?

・《おなか弱い人必見》おなかの調子を整えるにはキャベツのスープが最強だった!

 

f:id:mmaik1410:20180424122359p:plain

 

はじめまして!当ブログの著者、まーちんと申します!

 こちらの記事は、まーちんの詳細プロフィールです!

 

実はけっこう山あり谷ありな人生を送っています・・・

 

まーちんて誰なの?


f:id:mmaik1410:20180521224923j:image

岩手県遠野市出身。1992年生まれの26歳。

新卒から自分の店を開業するも、半年で廃業wその後結婚し、バイトをしながらブログを始める。現在は北海道空知地域を拠点に活動中。

目立ちたがりだけどストレスにめっぽう弱いわたしの生い立ち

 

岩手県遠野市で生まれ育つ。

父と母とわたしとねこ。

 怒るとめちゃめちゃ怖い母と優しい父に育てられるw

 我が道を行く幼少期

f:id:mmaik1410:20180424111533j:plain

f:id:mmaik1410:20180424111607j:plain

f:id:mmaik1410:20180424111655j:plain

 

我が道を行く感じの子どもでした。母の話によると、

・家の中に灯油まいてたw

・家の中に塩まいてたww

・2歳のころ壁に向かって正座をしてずっと何かしゃべっていた

らしい。自分でも恐ろしいですw

 自信しかなかった小学生時代

 

小学校の6年間は一輪車に熱中していました。一輪車は人生で一番長く続けられたことでもあります!友達の中でも自分が一番上手いと自負していましたw歌うことも好きで、市の独唱大会の出場権を3年間独占w6年生の時に出た大会で最優秀賞をもらうことができました!(自慢です許して)

 

他にも児童会の役員に立候補したり、学校のイベントを仕切りたがったり、とにかく目立つことが好きで、目立って褒められることがわたしの喜びでした。こうして何もかもうまくいっていた小学生時代は自信しかない人間になっていましたw

 自分にもできないことがあると知り自信をなくした中学時代

 

わたしは球技が苦手なのにバスケットボール部に入部しました。そもそも選択肢がバスケ、バレー、吹奏楽しかなかったので消去法でしたw案の定なかなか上達しなかった。それまで自信しかなかったわたしが、初めて「わたしにもできないことあるんだ...」と現実を突きつけられ、かなり落ち込みました。そして、部活に参加するのが嫌になりました。

 

そんな思いを抱えながらも「優等生のわたしが(と自分では思ってた)部活を休むなんてあり得ない」と思っていたので休む勇気はありませんでした。そうやって無理していたせいだったのかもしれません。わたしはおなかの調子が悪い日が続き、病院で『過敏性腸症候群』と診断されました。

 

 人に嫌われることを恐れていた高校時代

 

それまで小・中とずっと同じメンバーできていたので、高校への進学は『はじめての外の世界』という感じでした。出会ったことのないタイプの人たちがたくさんいて、かなりビビっていました。ここで嫌われたら終わりだ、という思いがどこかにあって自分より気の強そうな人にはとにかくよく思われようと八方美人を炸裂していましたw

 

そんな中でも、部活は演劇部に入りゆかいな仲間たちと3年間青春の日々を送りました。演劇は楽しかったし、好きだったけど、稽古が嫌いでしたw休日に部活のために高校に行く日は朝からおなかが痛くなりましたが、3年間おなか痛くなりなりながら通いました。

 

我慢強い性格が仇となり、嫌なことでもとにかく我慢する癖がついてしまっていました。

 『自由な働き方』にあこがれ店を出した大学時代

 

 将来やりたいことがなかったわたしは、「大学に行ってやりたいことを見つけよう!」という思いで大学に行くことにしました。 ところが入学早々、大学とは別のところで出会いがありました。就職活動をしないでマッサージの店を出した、同じ大学の先輩との出会いです。

 

わたしは彼女の『会社に勤めない自由な働き方』に憧れ、彼女と同じ道を歩むことを決めました。勉強は程々にして大学在学中に開業し、自分の店を出しました。しかしなかなか軌道に乗せることができず、大学卒業後半年で廃業してしまいました。

 関連記事:就活しないでフリーランスは痛い目見るから覚悟しとけ!

 

開業と廃業、どん底からブログに出会うまで

先が見えなくなり生きることさえもつらかった

 

開業した当初は、バイトをしながら店をやっていました。集客するために、家を回ってチラシを投函したり、祭りに出店したり、近くのお店に割引券を置いてもらったりする毎日。徐々にお客さんも増えてきたので、わたしはバイトをやめることにしました。

 

『バイトをやめてこれ一本でやってみよう』

 

ところが、そこから一向に収入は増えません。そうこうしているうちに貯金も底をつき生活ができなくなってしまいました。当時同棲していた彼(現在の夫)に頼り、何とか生き延びていました。またバイトをしながら店を続けることもできたはずなのですが、当時はそんなこと考えることもできませんでした。大口をたたいて(友達に・大学に・親に)開業したので、バイトをしながら店をやるなんてかっこ悪くてできませんでした。

 

でもどうしたらいいのか分からず、ずっと家に引きこもっていました。起きていると嫌な感情が湧いてくるので、とにかく寝ているようにして何も考えなくていいようにしていました。でも、起きていれば考えたくなくても浮かんでくる。たまに外にご飯を食べに行っても突然涙が流れてきて、自分でもどうして泣いているのか分からないということが何度かありました。

 

そんな精神状態に追いこまれ、あんなに好きだったマッサージの仕事さえも大嫌いになっていました。

 

『もう戻れない・・・』

 

わたしは廃業することを決めました。

 

話を聴いてもらうことで少しずつ立ち直れた

 
f:id:mmaik1410:20180518130841j:image

どん底の精神状態でしたが、少しずつ立ち直ることができました。それはわたしの話を黙ってずっと聴いてくれた夫のおかげだったと思っています。その時考えていたこと、苦しい思いを全部夫に話していました。人は、自分の気持ちを言葉にすると頭の中が整理されていくのだと思います。

何も言わずにただ聴いてくれたことが、わたしを前に進ませてくれました。

 

農家でバイトを始める

徐々に元の自分に戻ることができ、前を向くことができるようになりました。『とりあえず何か仕事をしよう』と思い、近くの農家でバイトを始めました。農家を選んだのは、外の空気を吸って体を動かすことが今のわたしにはいいんじゃないかと思ったからです。

 

夫の転勤にともない仕事を転々とする日々

農家でのバイトを始めて3か月目、夫の転勤が決まりついていくことにしました(この時結婚した)その後、

冷蔵庫みたいに寒い工場で検品作業

パン屋さん

小売店の販売員

 

と仕事を転々としました。引っ越す度に仕事を探さなければならないことが大きなストレスになっていました・・・

 

 どんな仕事をしてもおなかが痛くなる毎日

 

f:id:mmaik1410:20180510132858j:plain

 

どの仕事に就いても、毎朝「仕事行きたくない・・・」と思い、出勤前には必ずおなかが痛くなりました。

選択肢が限られる中で仕事を探さなければいけないので、自分がやりたいことなんてできません。 「こうやって一生おなか痛いのを我慢してやりたくない仕事をしなきゃいけないのか」 と絶望的な気持ちになっていました。

 

 
「結婚したんなら、専業主婦でもいいんじゃないの?」と思う人もいるかもしれません。一時期わたしは体調を崩して1か月ほど「専業主婦」になったことがありましたが、あの時ほど寂しい思いをしたことはありませんでした。

社会と切り離され、何の役にも立っていないような気がして悲しかったです。

 

わたしはこの時から『一度しかない人生、毎日おなか痛いのを我慢して働くなんてもう嫌だ!!!』と思うようになりました。そして、『やりたいことだけやってれば、おなか痛くならないんじゃないかな?』と考えました。

 

でもやりたいことがなくて休みの日はただボーっとしていた

 

『やりたいことやる人生にしたい』と思いながらも、そのころのわたしはやりたいことがなく、休みの日はただただボーっとしていました。やりたいことが何もなくてボーっとしてる人生って、生きてる意味あるのかな?とさえ思いました。

 

『学生のころはあんなに活動的で、楽しかったのに社会に出たらこんなにもつまらない人生なのか』とこの先の人生を悲観していたころ、ブログに出会いました。

 はじめに出会ったブログ

 

ネットで検索しまくることが好きなわたしは、あの日も検索しまくっていた。(何を調べていたのかはもう忘れた。)そしたらたまたま、ゆる~い感じのブログに行きつく。

 

blog.hanauta18.com

 

たまたま見つけたブログでしたが、いつのまにかこのブログから抜け出せなくなり、気づいたら隅から隅まで全部読んでいました。

 

同じ26歳の人が、こんなにも自分の好きなことを全力でやっているのか!もう、衝撃憧れ情けなさとがいっぺんに襲ってきました。

 

そのままわたしはブログを開設しました!!!

 

  ブログが『自由な働き方』を思い出させてくれた

 

ブログに出会い自由な働き方をしている人たちを知りました。ブロガーといわれる人は「フリーランス」という形で働いている人が多いです。つまり会社に勤めるわけではない。

 

わたしは過去の失敗から『フリーランスは危険すぎる』という思いをもっていましたが、失敗の原因は『フリーランスだったから』ではなく、やり方を間違えたからだということに気づき、

  

もう一度「自由な働き方」をしたい!

 

と強く思うようになりました。

 

現在ブロガーとして活動中!

 

f:id:mmaik1410:20180518125724j:plain

 

ブログを書くようになって、おなか痛くなくなりました!!!『好きなことだったらおなか痛くならずに済む!』ということがすでに証明されましたwww

 

ストレスから解放され、楽しい毎日を送っています!

 

このブログを通して伝えたいこととわたしの夢

 

このブログを通してわたしが伝えたいのは『我慢しないで好きなことをやる人生にしよう!』ということです!

わたしのようにおなかが痛くなりながらも我慢してやりたくないことを続けている人、失敗するのが怖くて踏み出せない人にわたしのブログで踏み出すきっかけを提供したい。

そして『好きなことで生きる人生の楽しさ』をわたしの人生をもって証明していきたいと思っています。

 

そんなわたしの今の夢は『ミュージックバル』をつくることです!そもそもミュージックバルって何?って感じだと思うんですけど、現在日本で唯一函館にあります!

 

pucchi.net

 

わたしは歌うことが好きなのですが、歌を直接聞いてもらえる場がないんですよね。だったら作ろう!というのがわたしの考えですwわたしみたいな人、他にもいると思うんですよね。「歌手になりたいってほどではないけど、でも聴いてもらえる場所があったらいいな」っていう人。

 

歌だけじゃなくて、演奏とか作品とかでもいい。誰もが好きなこと、得意なことを披露できる場所をつくりたい。というのがわたしの夢です。

 

  おーるどの由来

 

  ブログ名「おーるど」の由来は、”all do”「やりたいこと全部やるぞ!」という思いを込めてつけました!

 関連記事:やりたいことない人はとりあえず欲しいもの100個書いてみたら?

 

まず読んでほしい5記事

 

初めてお越しの方にまず読んでほしい5記事を紹介します!

 

www.remonnomi.co

まーちんの特徴

 

人と違うことしたい願望がめちゃめちゃ強い

・我慢強い
・会ったことないのに「前にも会いましたよね?」って言われるw

懐かしい感じがするって言われる
・20代だけど、40代以上の人からわりと好かれる(同性から!)
・ケーキよりお団子の方が似合うらしいw
・生まれつき左耳が全く聴こえません
・ストレスが超速でお腹にくるww


好きなこと・もの

 

・歌うこと
・映画(特に「黄色いゾウ」が好き)
・ネットで気になることを検索しまくること
・焼肉(特にホルモンとラム肉)

・グレープフルーツジュース

 

以上、まーちんの詳細プロフィールでした。

 

Twitterでも、ストレスに弱いおなかのこと、ブログのことなど発信しています!よかったら Twitterのフォローもお願いします(^^)/

 

プライバシーポリシーについて

 

Amazonアソシエイト


当サイトは、amazon.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Google AdSense

当サイトではGoogle AdSenseを導入して広告配信を行っております。
Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーが当サイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信しております。
ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にすることができます。
また、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にすることができます。

Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。
データ収集のためにCookieを使用します。
データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。