MENU

『検査』は安心を得るためのもの【胃カメラと大腸内視鏡検査を受けた話】

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

・『お互いさま』って思えれば人生もっと楽しくなると思わないか?

・《おなか弱い人必見》おなかの調子を整えるにはキャベツのスープが最強だった!


どーも!小さいころからお腹が弱すぎるまーちんです!

 

わたしは中学生のころ、おなかの調子が悪すぎて内視鏡検査を受けたことがあります。

 

しかも『胃カメラ』『大腸内視鏡検査』。検査自体はしんどいですwでも受けることで不安要素がなくなるのでわたしは受けることをおすすめします。

お腹の調子が悪すぎて病院へ

 

中学生のころ、わたしは授業中におなかの調子が悪くなり保健室に行きました。結局そのまま家に帰ったのですが、車まで歩くのもしんどくて母と担任の先生に両脇を抱えられながら車に乗ったのをいまだに覚えていますw

 

その後病院で診察してもらったら、IBS(過敏性腸症候群)という診断を受けました。

 

スポンサーリンク
 

IBSって何?

 

f:id:mmaik1410:20180510132858j:plain

 

IBSとは、

 

「IBS(過敏性腸症候群)」は、おもにストレスに起因して、下痢や便秘を慢性的にくりかえす疾患です。大腸がんや潰瘍性大腸炎などは血液検査や大腸内視鏡検査などで腸に異常が認められますが、IBSは、検査でそうした異常はないことが確認されたうえで、症状が続く場合に診断されます。
日本人のおよそ7人に1人がIBSに当てはまると推定されており※、30代より若い年代に比較的多くみられる傾向※があります。重症の場合は、トイレの問題で学校や会社に行けなくなったり外出を控えるようになったりするなど、生活の質を低下させることが問題になっています。

http://ibsnet.jp/geri/より引用)

 

という疾患です。わたしも同じように下痢と便秘を繰り返す症状がありました。

 別の病院にも相談にいった

 

病院で薬を出してもらって飲んでいましたが、わたしのお腹の症状は治まりません。具体的な症状は、

 

便秘、軟便を繰り返す

お腹にガスがたまって苦しい

ストレスを感じるとすぐに胃が痛くなる

 

という症状がありました。「もしかして別の病気なんじゃないか」と不安になり、近くの個人病院に相談に行きました。

 内視鏡検査を受けることに

 

「別の病気があるかもしれないし、何もなければ安心できるから」というお医者さんの言葉で、内視鏡検査を受けることになりました。

 検査当日

 

検査の前日は病院で出してもらったおかゆみたいなのを食べました。当日はまず、個室を用意されました。 そこで何時間かかけて(何時間か忘れたw)、「ポカリスエットの甘さゼロバージョン」みたいな下剤を飲みます。

 

これがめっちゃまずくてつらかったww

 

飲んでは出し~、を繰り返して(汚い話ですみません)腸内を完全に空っぽにしてから検査に臨みました。

 胃カメラ

 

まず先に胃の中を見る検査からしました。これ何がつらいって、最初に鼻に打つ麻酔が痛いんです。鼻からカメラを入れるために必要な麻酔なんですけど、痛くて泣いたw

 

でも麻酔が効いてしまえば、あとはそんなにつらくないです!鼻からカメラを入れて、胃の中を見ました(自分も観れる)ちょっと赤くなってるくらいで、穴が開いてるとか腫瘍があるとかはありませんでした。

 腸の内視鏡検査

 

いよいよ『大腸内視鏡検査』です。これはこわかったですねw

 

下からカメラが入るってもうどんなことになっちゃうんだろうと思ってました。まず、腸を膨らますためにガスを注入されますwもうこの時点でオエってなります。それからカメラを入れていくんですけど、痛いっていうかめちゃめちゃ内臓グイグイ押してくる感覚があってだいぶ苦しみましたw

 

「楽にしててね~」

 

って言われたけど、無理!!!

 

うめいてましたねw

 検査終わってからもしんどい

 

無事に検査は終わり、家に帰ったのですがまだ戦いは続いていました。腸の内視鏡検査するときに注入されたガスがなかなか抜けないのです・・・その日のうちには抜けましたが、これもしんどかったですw

 内視鏡検査の最年少記録をつくった

 

検査の結果、胃の中が赤くなっている程度で特に重い病気ではないことが分かりました。やっぱりIBSだったようです。とりあえず、よかった~( ;∀;)その後お医者さんに言われたのは

 

「こんな若い人が内視鏡検査受けたの初めてですよw」

 

なんだろう?こんなことでも「初めて」とか言われたらうれしいんですよねwわたしは内視鏡検査の最年少記録を樹立しましたwww

 

『安心』を得るために検査は受けるべき!

 

検査自体はけっこうつらかったのですが、大きな異常がないということが分かったので受けてよかったです!検査は安心を得るためのものでもあります。

 

どんなにつらくても、ずっと続くわけではなくて検査自体は1時間もあれば終わります。

 

だから、もしおなかの調子が悪くて不安なら早めに検査を受けることをおすすめします。